すべての脊椎動物の皮は、革として利用できるといわれています。そして、革として利用するためには鞣し工程が必要不可欠なのです。漢字で鞣は、革と柔からなっているように、皮を柔らかくすることは鞣しの定義と一致しています。

1.耐熱性の付与

革の材料である原料皮に理化学的処理を行い、革の主成分であるタンパク質のコラーゲン繊維を半永久的に崩壊しないよう安定させますが、この時に使う鞣剤(じゅうざい)が耐熱性を向上させてくれています。

2.耐薬品性の付与

化学薬品や微生物に対する抵抗性をもたせます。耐酸性、対アルカリ性も獲得します。

3.革らしさの付与

革らしさの中には、柔軟性、特有の質感、革の表面の美しさ、保湿性、吸湿性、耐水性、適度な可塑性(折り曲げた時の癖のつきやすさ:靴や革小物を作る際に必要になってくる)、弾性や耐久性を持ち合わせた優れた革となります。

以上の3つの要因を限定的な条件の下で満たすか、不完全に満たし、場合により使用可能なものを〈一時鞣し〉と呼び、3つの要因を高い水準で満たしているものを〈永久鞣し〉と呼びます。鞣すことで、より美しく丈夫な革を得ることができ、腐敗や硬化をおこしにくくしているのです。

鞣し方にも種類は多く、一時鞣しにはミョウバン鞣し、硫酸ナトリウム鞣し、乳酸鞣し等があり、永久鞣しには植物鞣剤を使うタンニン鞣し、鉱物質鞣剤を使うクロム鞣し、魚油等を使う油鞣し等が存在しています。現在製造されている革の大部分はクロム鞣しで、高い耐熱性と柔軟性を持ち、染色性に優れ様々な色を表現することができるのが特徴です。次に多いのは植物タンニン鞣しが行われており、紀元前から続く鞣し方法の1つで、量産には向きませんが型崩れしにくく、時間が経つにつれて自然に色が変化していくので、自分で育てていける革として人気が高いです。

準備期間を含めると、クロム鞣しでおおよそ1ヶ月、植物タンニン鞣しでおおよそ2ヶ月が必要になります。それほどに時間と手間のかかるすべての革は、化学の力や過去の経験、知識をすべて使い、熟練された技術によって出来上がっているのだと言えます。